骨塩定量検査

骨塩とは骨の強度(密度・ミネラル)のことで、年齢の疾患等による骨の変化を捕らえるものです。低エネルギーX線を利用して骨の密度を測定し、測定値(計測値)をコンピューターにより解析して算出し、標準値と比較することによって、骨塩量を知ることができます。

当院で採用している骨塩測定システムは、手のひらのレントゲンを撮影するだけで骨塩量がコンピューターによって自動解析される非常に簡便な検査となっております。また、解析結果レポートを患者様に印刷してお渡ししております。近年、高齢化による骨粗しょう症、また若い女性の無理なダイエットによって起こる骨粗しょう症が増加しています。その中で簡単に受けられる骨塩定量の検査は、その診断と治療、あるいは治療の効果判定に有用です。

骨塩測定システム

富士フイルム
デジタル骨塩定量測定サービス「+DIP」

 
午前 休診
午後 休診 休診 休診
診療時間
午前:  9時00分~12時00分
午後:13時30分~19時00分
△:水曜日は17時までの診療
※第二火曜日(変更の場合あり)は18時50分までの診療
休診日
日曜、祝祭日、
木曜・土曜午後

JR北広島駅(西口)から、

◆中央バス

  • 中央通り経由
    「泉町2丁目」下車 徒歩約2分
  • 緑陽通り経由
    「白樺町2丁目」下車 徒歩約3分

◆タクシー

タクシー乗り場から、乗車約5分

詳細高台内科クリニック公式facebook

詳細高台内科クリニック 内視鏡専門外来

詳細高台内科クリニック公式facebook

詳細高台内科クリニック 内視鏡専門外来